植物は手間がかかる

家庭菜園などで野菜を育てたことがある方は分かると思いますが、植物はとても手が掛かります。ですが、最近ではさまざまな代行業者が登場していることにより、樹木の管理などを任せられます。そこで、樹木の管理を代行してくれる業者が行ってくれる作業内容を紹介していきます。

業者が代行してくれる作業

  • 間伐
  • 剪定
  • 芝張り
  • 芝刈り
  • 植樹(植林)

皆大好きなキュウリは意外と育て方が簡単だった!

野菜

家庭菜園を始めよう

家庭菜園は、植物の中でも比較的育てやすい種類がたくさんあります。また、生長が杉などの木に比べると、とても早いので育て甲斐があります。そこで、家庭菜園の代表ともいえるキュウリの育て方について解説していきたいと思います。キュウリは夏野菜なので、収穫は夏になります。植え付けは毎年4月~5月頃の気温が高くなり始める前に行います。

キュウリの特徴

よく食べられているキュウリは、カリウムが豊富に含まれており、黄色い花が咲いてからわずか1週間という早さで収穫が可能となります。収穫が始まると、次々と実を付けていくので、しばらく収穫ラッシュが続くでしょう。獲った分を食べてから次の実を収穫しようすると、株が疲れてしまいその後実をつけにくくなるので、注意が必要になります。ある程度の大きさになったらどんどん収穫するようにしましょう。

キュウリの基本的な育て方

キュウリは、水はけと風通しがいい場所で良く育ちます。生育にピッタリな場所に植えてあげるようにしましょう。植えている土の表面が乾いてきたら、茎や葉になるべく水が掛からないように注意しながら、株元にたっぷりと水やりをします。基本的に土は乾かし気味で管理するのがポイントとなります。ですが、乾きすぎには注意が必要になります。

キュウリを育てる流れ

植え付け

キュウリの苗を買ってきたら、植え付けを行います。水はけのいい培養土に植え付けるようにしましょう。しっかりと生長してもらうために、初めから肥料をやります。固形や液体どちらのタイプでも大丈夫です。コンテナへ植え付ける場合は、大きめのコンテナを用意しましょう。

追肥

キュウリは、浅く広く根が成長していくので、小さいコンテナだと十分に生長できない可能性があります。育てている間は、月に一回のペースで追肥を行います。追肥は、肥料を追加するという意味になります。もし虫が葉っぱを食べている場合には、植物性の虫よけ剤を使いましょう。

支柱の設置

キュウリが成長し始めたら、支柱の設置を行います。支柱は、キュウリのツルが伸びていくのを手助けするアイテムになります。キュウリの苗を囲む十分なサイズが必要になります。直径50センチ以上は必要になるでしょう。

収穫

育て始めてから順調に育っていけば、大体90日で収穫が可能と言われています。スーパーに売られているサイズくらいになると、収穫をしてもいい時期なので、実を切り離しましょう。

広告募集中