剪定の正しい方法や種類について確認しましょう

剪定とは?

剪定とは、植物が生長しやすいよう花や葉、茎を切り落とす作業のことを指しています。植物はほっといても育つわけではなく、正しい管理をする必要があります。そのひとつが剪定になります。昔は植物の見た目を良くするために行われていましたが、最近では生長のために行うことがほとんどです。ここからは強剪定と弱剪定の違いを見ていきましょう。

強剪定と弱剪定の違い

弱剪定

弱剪定は、軽剪定と呼ばれることもあります。夏から秋にかけて、植物の見た目を整えるために行いますが、樹木に対して行う場合は、夏期剪定や整枝剪定とも言われてます。咲き終わった花などを選定するので、病害虫の発生を防ぐことが可能になります。

強剪定

強剪定は、基本剪定と呼ばれることもある剪定です。冬から春にかけて生育を促すために行いますが、弱剪定に比べて大胆に枝や茎をカットしていきます。樹木に強剪定を行う場合は、骨格を作る意味がありますが、花や実をつける花芽の部分を切り落とさないように気を付けなければいけません。

剪定の正しい方法や種類について確認しましょう

剪定

強剪定のやり方

強剪定と一口に言っても、さまざまな種類があります。なので、種類別にやり方や方法を紹介していきたいと思います。まずは、枝抜きです。樹木に対して行う剪定で、全体のバランスを確認しながら、弱い枝や古い枝を切り落としていく剪定方法になります。切り口が目立たないので、樹形をそのままで、すっきりさせることができるという特徴があります。

切り戻し

太い枝や茎を途中から切り、短くすることにより、姿を整るだけではなく、幹や株に対して太陽光が当たりやすくなり生育が促されます。ですが、切り戻しは剪定の中でも難しい方法になります。切り戻しを行うタイミングや切る長さなどは、経験が必要になるでしょう。目安としては花芽の少し手前程といわれています。

切り返し

枝分かれした時に、分岐点から切り落とす方法になります。樹木に対して行うことが多い選定になります。高くなりすぎた樹高を縮めることにより根とのバランスを整えていきます。根にかかる負担を少なくすることで、生長を促す効果が期待できます。

技術が必要

剪定を行うためには、技術が必要になります。また、樹木や草木に対する正しい知識が必要です。なので、自信がない方は、専門の業者に依頼するといいでしょう。植物は繊細なので、少し間違った剪定を行うことにより枯れてしまうことは珍しくありません。剪定を行う際は十分な注意を払いながら行うようにしましょう。

剪定は意外と難しい

剪定と聞くと草や枝を切るだけで誰でもできそうに聞こえます。ですが、実際はとても技術がいる作業なので、なるべく業者の方に行ってもらうようにしましょう。

広告募集中